みこすり半劇場

2006.09.28

みこすり半劇場No.19

置かなくなったと思ったコンビニにありましたよ。あれ?

で、パラパラッと立ち読みしたら、えんどコイチさん(ウィキペディア)が描いててビックリしました。4コマじゃなくてショートギャグですけど。

続きを読む "みこすり半劇場No.19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.05

「みこ半」に『失踪日記』が袋綴じで掲載

吾妻ひでお公式HP→スケジュール)

最後通牒さんのこぼれ話で知ったわけですが…「そう来たか」って感じですよ、N編集長。
『失踪日記』が、ぶんか社の「みこ半」や実話系4コマ誌に載るのはアリだろうと、以前から漠然と思ってはいたんですが…袋綴じとは、さすがに思い付きませんでした。

“みこ半ウォッチャー”としても見逃せないんですが…今まで「みこ半」の袋綴じって、開けたことないんですよね…今度は漫画だし、開けるかなぁ。

購入:
○まんがくらぶ1月号
○まんがタウン1月号

(12/2)
○まんがホーム1月号
○ヤングアニマル嵐No.1

拾得:
(12/2)
○ビジネスジャンプ新年1号
○週刊漫画TIMES12/16号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.15

みこすり半劇場No.22

次買うのは休刊号?とか言っといて、もう買ってたりして。

・刑事ドラマネタの競作…どれも有名な、しかし過去の作品ばかり…今って刑事ドラマ無いんだっけ。…読者に懐かしんでほしいのかな。それと、こういうのはやっぱ似顔絵が似てないとダメでしょ。
・小泉チルドレンネタの2本は面白いな。マンネリになりがちなHネタも、時事ネタと組み合わせれば新鮮さを与えられるね。
・え?まだ編集部員募集のページがありますか…もしやページの穴埋めだったりしないよな。
・うわ、『乳舞人』が復活してる…何でまた?編集長の意向?
・発作的に発情する奥さんと振り回される旦那。旦那が徹底的にスカされて不憫なのが良いやね。
・ああ、そういや水田恐竜さんの4コマが読みたいなぁ。間違い探しのイラストだけなんてな…。
・読者アンケートでも、「今のみこすり半劇場で良くないところ」とか、「あなたの理想とするみこすり半劇場」とか聞きますか…やっぱり必死なんだな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.09.09

みこすり半劇場No.18

・えーっと…これがリニューアル特大号ですか?全体として特に変わった印象は無いんですが…『みこ半』と読者投稿企画は(前号に比べて)増ページですが…雑誌全体としては224ページが216ページに減ってるんですが?それでいて特別定価が350円から390円に…そんなに売れてないんですか?
・新人大賞2005年上半期は受賞作品無し。投稿総数は減り気味とありますが…募集する雑誌が売れなくなったらそりゃ減るでしょう。「「みこすり」読者は(中略)笑いに肥えた目で厳しくチェックするお客様」ねぇ…ああ、だから売れなくなったのか。
・で、その新人大賞発表のページには応募作品2つの4コマがそれぞれ1本ずつあるんだけど…「読者に新しい笑いを提供する」というのであれば、これらの作品に新人競作としてでも掲載枠を与えてみてはどうか。「みこ半」の掲載作家って、ここんとこずーっと代わり映えしないみたいだし。
・まあ、グラビアや読者投稿が目当ての読者にとっては、そんなことはどうでも良いか。
・また編集部員募集のページがあるのか…
・短期集中を含めての新連載7本は…多くが導入部なんで判断しづらいなぁ。しかし続きを読みたいかと言われると…
・ネガティブばかりだとアレなんで…競作企画はまあ面白かったかな。あとはいつも通り『主任』『美咲さん』『ももかん』くらいか。『美咲さん』には『バイト娘』のラムちゃんが出てんのね。
・ま、これでまた暫くは買わないな。もしかして次買う時は休刊号だったりして。

久し振りに毒吐いたかな。

購入:
(9/8)
○みこすり半劇場No.18
○ほんとにあった笑っちゃう話10月号
○COMICバズーカ10月号
○フィール・ヤング10月号

拾得:
(9/8)
○週刊少年サンデー28号
○クローズ 武装戦線黎明編/高橋ヒロシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.25

みこすり半劇場No.17

立ち読みで目次をめくったら、最終回の文字がずらずらっと並んでちょっとビックリ。次号予告を見ると、リニューアルして増ページだと?詳細確認のため予定外の購入。

・割と目立つ編集部員募集のページが、誌面のかなり前のほうにある…リニューアルと少なからず関係してるんじゃ…。
・母娘どんぶりの結末がこれかぁ。ある意味ハッピーエンドだけど…2巻は出るのかなぁ、まとめて読んでみたいな。
・うわ、まだこのバカ4コマあったんだ~って、読む前から笑っちゃったよ。相変わらずバカで良いなぁ。バカは褒め言葉ですよ。

…と、一通り読んだけど、どんなリニューアルなのかさっぱり?連載を一度に大幅に入れ替えるも、作家陣の目立った入れ替えは無いし、読者投稿企画はほぼ変わらず残るようだし…特別定価が350円から390円になるのが、果たして増ページによるものだけなのか…。

ちなみに連載の入れ替えは以下の通り(敬称略)。

連載終了:
畠山コンツェルン、いとう耐、チャールズ後藤、危過、高松弥生、宝蔵院達也、どおくまんプロ

次号新連載:
チャールズ後藤、危過、川本尚夜、たかまつやよい、畠山コンツェルン

次号ゲスト(連続3回):
桜花みらの、宝蔵院達也

「高松弥生」さんは、ペンネームを「たかまつやよい」に統一するんですかね。

とりあえず、次号も買うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.17

みこすり半劇場No.8

いつもなら目次や次号予告だけチェックしてスルーするところ、表紙の「ボクホリエモンです▽」が目に留まって思わず購入。ホリエモンネタで7人の作家が4コマを描く競作企画なわけですが、こういう企画をやる辺り、まだぶんか社から目は離すわけには行かないようで。

購入:
(4/16)
○まんがタイムファミリー6月号
○大阪愛のたたき売り育児編(3)/胡桃ちの
以下古本。
○まんがタイムラブリー5月号
○ぷぎゅる(3)/コンノトヒロ
○よつばと!(3)/あずまきよひこ
○大貧乳調査団/アンソロジー
もう何年来だ?佐熊美月さんの作品やっと確認できた。しかし2ページとわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.14

みこすり半劇場No.3

先月27日の発売日に購入したのをやっと読みましたが…しゅりんぷ小林さんのイベントって明日(2/15)で終わりじゃん。やっぱ雑誌は買った日に読まなきゃダメだな。

と言いつつ2/14現在、未読の4コマ誌は8冊…。

しかし、久し振りに「みこ半」読んだけど…定期購読を止めた頃とほとんど変わってないなぁ。そんなにこの実話投稿って人気あるのか。

購入:
○本当にあった愉快な話 愛のイトナミSpecial 3月号
○別冊本当にあった笑える話3月号
○超オカシイ笑える話 実録 病院スペシャルvol.1
既刊の実話系4コマ誌の表紙担当が替わったのかと一瞬思った。まだ頑張る平和出版。
○ヤングキングVOL.05

ねこやよいさん(たかまつやよいさんのやよいさんのほう)の日記によれば、3/17発売の『大正まろん』は2話が未収録とか。その単行本に限った話じゃないだろうけど、4コマ誌連載作品の単行本はなかなか出ないんだから、ケチくさいこと言わんと全部収録したれや竹書房さん。

まあ、単行本が出るだけマシですがね。

しかし、私が読みたいのは単行本よりも同人誌ですが。初夜同人誌なら尚更。
---

通勤途中、オフィスまであと10分のところで猛烈な便意が。頑張ったぜオレの括約筋。
---

大阪寝屋川の小学校で凶行…そういや寝屋川に4コマ漫画家さんが居たな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)