« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005.12.27

雪祭りだよ!まんがタイム おとぼけ課長とホットな仲間たち

『おとぼけ課長』を筆頭とした廉価版コミックスもこれが今年3冊目ですが、今回興味深いのは、収録されている作品のおよそ半分が、“まんがタイムグループ各誌のイチオシ4コマ”としてあることです。その作品はいずれも、系列誌の1ページ広告の次に掲載されていることからも、それぞれ“その系列誌のイチ押し”であることが伺えます:

(系列誌 → イチ押し4コマ/作者敬称略)
○まんがホーム → ひだまり家族/ほへと丸
○まんがタイムジャンボ → ひまじん/重野なおき
○まんがタイム → 天子様が来る!/安堂友子
○まんがタイムラブリー → つなみティーブレイク/胡桃ちの
○まんがタイムファミリー → こんぺいと!/ふじのはるか
○まんがタイムスペシャル → てんぷら/なんば倫子
○まんがタイムオリジナル → ひがわり娘/小坂俊史

ふ~ん…なるほどこれがイチ押し…まあ大体納得できるかな…という一方で、

・『らいか・デイズ』は“イチ押し”じゃないの?
・「きらら」系はグループ誌じゃないの?“イチ押し”はないの?

といった素朴な疑問が生じるんですが。まあ、“まんがタイムグループ各誌”に「きらら」系の広告ってあまり見ないし、“イチ押し”対象の読者が大きく違うだろうことは、言わずもがなですけど。
しかし『らいか』は…押すまでもないってことなのかな。それか、「きらら」系と同じ扱いなのか。

ああ、同じ再録系の「コレクション」が出たから、“イチ押し”から外れたのかな。そういや、『夫婦な生活』や『ラディカル・ホスピタル』、『おねがい朝倉さん』も“イチ押し”に無いか。…胡桃ちのさんの「コレクション」が最後に出たのは…今年の2月か…。

しかしこの“イチ押し”、“イチ押し”以外の作品に比べて収録ページ数がぐっと少ないのが、ちょっと不満。かなり不満。ホントに押したいのか、と。

その他執筆陣(敬称略):
植田まさし(おとぼけ課長)、田中しょう(あさかぜ君、まんるい君)、唯洋一郎(ドリアン)、新田にに子(天使くん)、松田まさお(とんち君)、さかもとみゆき(ウルトラ金ちゃん)、南ひろこ(すずめはすずめ)、井上トモコ(あかるい夫婦計画)、秋吉由美子、佐波まお、秦泉寺こまき、まつやましろすけ(以上、4コマ漫画家推薦節約鍋)

(考え付く都度に書き足してたら、グダグダに長くなっちゃった…)

購入:
○まんがタイムオリジナル2月号

拾得:
○週刊ビッグコミックスピリッツNo.3・4
---

竹書房から封筒が届く。先日当選したらしい「あにまるパラダイス」のがまぐちかな~と思って開けたら、「ライオリ」のオリジナルカレンダーでした。って、今月12日発売の雑誌のプレゼントが??直筆年賀状と一緒に送ったんでしょうか。ありがとうございます。

しかしそれより嬉しかったのは、好きな漫画家さんからの寒中見舞い。来年の年賀状を遠慮したこともあって、ホント泣けるほど嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.26

日韓ユーモア漫画家年賀状交流展2006

お知らせ頂いたのでご案内。

日韓の漫画家達による、来年戌年の年賀状が今年も「日韓ユーモア漫画家年賀状交流展2006」に集まりました。日本の4コマ漫画家も多く参加されているこの展示、特に古くからの4コマ雑誌読者は見逃せないかと。

また実際の賀状は、

「日韓漫画家年賀状交流展2006」
2006年2月1日(水)~6日(月)(6日間)
@樹モール燦ギャラリー
(「川口コリアンウィーク in 樹モール」のメイン展示として開催)

で展示されるとのことです。

購入:
○まんがライフMOMO2月増刊号
早売りかと思ったけど違うのか。
○雪祭りだよ!まんがタイム おとぼけ課長とホットな仲間たち/植田まさし他

(12/25)
○めだかの学校(6)/森ゆきえ(amazon)(bk1)
○GP学園情報処理部/こうじま奈月(amazon)(bk1)
○りんごぷりーず 4コマパラダイス/アンソロジー(amazon)(bk1)
○ラブロマ(4)/とよ田みのる(amazon)(bk1)
以上、eBOOKOFFにて。

(12/24)
○エレキング(6)/大橋ツヨシ(amazon)(bk1)
○げんしけん(7)/木尾士目(amazon)(bk1)
---

『トリコロ』が移籍するとか。メディアミックスまでした看板作品が、4コマ誌から一般誌へ移籍ってのは…どういう過程を経たのかはもちろん気になりますが、読者の目に見えるところでは、既刊の単行本が移籍先から再販されるのかどうかも気になります。移籍先から新刊が出るなら、当然既刊も再販されていいはずだけど…
安い価格で再販されるなら、是非入手したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.22

秋吉由美子さんの「くらオリ」登場について

先日はあえてスルーしたんですが、こちらこちらで話題になってるので、ちょっと乗ってみます。

自分もファンの端くれだし、次号予告を見た時は「ほお」と声を上げたんですが、同時に、大きい文字とは言え作者名だけってのがちょっと気になりました。まあ、それ自体は珍しくないことですけど、

超驚きのサプライズゲスト!!
遂に本誌初登場!スッパ抜きの巻中4Cカラー!!

なんて大プッシュする一方で、作品のタイトルもカットも無いってのは…今回もまた準備不足なのかな、と。「今回も」というのは、やはり先の「くらオリ」の、小坂俊史さんの新連載と状況が似てるからです。まあ、単行本が出なくなったとは言え、今も多くの連載を抱える漫画家が、この時期に4色カラーの予告を打たれて、時間に余裕があるはずもないことは容易に想像できますが…今月の「タウオリ」には、小池田マヤさんのゲスト予告がありましたが、比較するのに丁度良いタイミングです。

また、もう数年前の話ですが、竹書房の4コマ誌の予告にゲストとして、大きめの字で高田理美さんの名前だけがあり、その予告された号には載らなかったという前例もあります。そんなこんなで個人的に、次号予告でぬか喜びはしないようにしてるんですが…

こうしてネットで少しでも話題にすることが、編集者や漫画家さんに対して少しでも、良い意味でプレッシャーになれば良いかな、と。

あとこちらの、

時期的にも『きらら』の影響を受けたような気がしてなりません。

というのは全く同感です。いや、気がするだけじゃなく、断言しますよ私ゃ。特に秋吉さんに関しては。

購入:
○まんがタイムスペシャル2月号
○みこすり半劇場No.1

(12/21)
○増刊本当にあった愉快な話 初体験赤裸々スペシャル
小坂俊史さんと井上トモコさんが描いてるとあれば、買わずにおれようか。
しかし、井上さんはこれが竹書房初登場じゃないのかな?実話系だからか、その辺がスルーされてるような。

(12/20)
○まんがタウンオリジナル2月号

拾得:
○週刊少年サンデーVol.3・4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.19

まんがくらぶオリジナル2月号

・OL向けと聞いているこの4コマ誌で、2回目だけどこの「メメ子通信」って…作品内と同じく、メメ子ちゃんをOL読者達のマスコットに位置付けたいのか。
・ああ、そうか。ゆーこさんて『お風呂のアレ』の。お風呂の広告いろいろには笑った。ギスギスしてる嫁と姑が一緒のお風呂でリラックス、なんてのは実際にあっても面白そう。
・硬派なパン屋さん。この絵柄で怖がられるキャラってのは、ちと無理があるような。
・そういや桜川さんってこんなキャラだった。相変わらずでヤバ面白い。設計事務所が捜索ってのは、微妙な耐震偽装ネタかしらん。
・何度も言ってるけど…スカスカな新人競作はもういいってば。先日の「ライフ」のはまだ読めたのに。
・戌年→負け犬ネタが2つ。これからたくさん見られそうだ。
・おや、公式ブログなんてできてるのね。って、いかわさんのサイトの中かい。
・せっかちとおっとりの双子の女子小学生。「とりたて」は「とれたて」のほうが良いと思うけど、「取立」はちょっと字面が良くないかな。
・先月号の予告に無いゲストが3つ。ポエマーにレンタルビデオ店員に酒好き…新人競作と大差無いんだけどなぁ。
・で、『ふぁんきーサーバント』の穴埋めはどれなんだろう。
・玉垣くんはやおい仲間と、半井くんは越村くんと接近。これからの展開に期待するけど、4ページじゃ物足りない。3人で幸せに…はすごいね。尊敬するわ。

購入:
○まんがくらぶオリジナル2月号
---

おお、149点が展示されてるとな。来年1/31までか…見に行きたいなぁ。

文化庁メディア芸術祭マンガ部門の奨励賞を、「Web4コマ漫画」というサイトが受賞してるんですねぇ。…あえてノーコメントとさせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

まんがライフ2月号

・何でハードゲイ特製年賀ハガキ…増刷記念も本誌には関係無いと思うけど。これ目当てで買う人がいたらヤだなぁ。
・上司と部下の馬鹿ップル新婚夫婦。可も無く不可も無く。
・何でこの1作品だけ印刷が滲んで…じゃなくて、データ出力に失敗した?圧縮率の高いJPEGで保存して、白黒のニ値で印刷したような。見づらいったらないな。
・新人まんが家バトルとな。強いて選ぶならエントリーNo.1かな。でも、1位になるのは2か3なんだろうな。
・おお、耐震偽装ネタだ。
・え?帰ってこないの?
・今までもうっすら感じてたけど…内輪向けなのかなこれ。言わば楽屋モノか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.17

WORKING!!(1)/高津カリノ

北海道某所のごくありふれたファミレスで、今日も愛憎渦巻く人間ドラマが繰り広げられる…彼らは皆、互いに傷付け合うことでしか、自己主張できぬ業を背負うのか…

なんてシリアス臭いアオリは使えませんか。全てのキャラクターが個性的、且つキャラが立ち捲り、それでいて個々のキャラクターが絶妙のバランスで絡み合う。久し振りに初見で面白い4コマ単行本に出会えました。先のベスト10に割って入れても良いくらいです。

また、「北海道一危険なファミレスの超ほのぼの4コマ!!」というオビのアオリは、表紙やカバーの折り返しやカバーを外した表1・表4の4コマを先に見ても、全く想像できなかったんですが、本編を読んで至極納得。こりゃ危険だわ確かに。

でも、“超ほのぼの”は違うと思う。
(★★★★☆)

購入:
○まんがライフ2月号
○まんがタイムファミリー2月号
○けもととチャット(1)/みずしな孝之(amazon)(bk1)
○コミックマーケット69 CD-ROMカタログ

(12/16)
○くしゃみしてもひとり/なりゆきわかこ(amazon)(7&Y)
セブンアンドワイにて。
最初amazonで注文してたんだけど、送料無料の合計1500円にすべく他の本と一緒に注文したら、発送が来年になるかもしれないようなメッセージが出やがる。書店では見付からないしbk1は取り扱ってないしで、どうしたもんかなと思いながらネットで探してて見付けたのがセブンアンドワイでした。注文から8日ならまあ許容範囲かな。
しかし、B6より小さいのにはちょっと驚いた。大人向けとは言え絵本なんだから、もっと大きい版で見たかった。

拾得:
○週刊ヤングジャンプNo.3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

アレのスペシャルエディション

ブログで言うのも口コミになるかと。

ねこやよいさん(たかまつやよいさんのやよいさんのほう)の日記によれば、“アレ”の同人誌の購入予約を歓迎受付中とか。“アレ”が何かなんて野暮なことはここじゃ言いません。気になる方はリンクをクリック。

購入:
○別冊本当にあった笑える話1月号

拾得:
○週刊少年マガジン第2・3合併号
(12/13)
○イブニングNo.01
---

ニュースチェック。

漫画「いけだくん」が通算350回へ。いいなぁ、ローカルな4コマ漫画。終了するようだけど、何とか読めないものかしら。

オタクを自認する女性は20.4%ですか…Webに積極的に繋ぐ女性はそうなんだろうけど、実際はどうなのかな。少なくとも自分の周りには見ないが…皆隠してるのかな。

プラチナ製のスヌーピー…最も高価な4コマグッズかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.12

まんがライフオリジナル1月号

・2誌で連載となると、単行本化も早そうですね。メインの犬猫ネタも良いけど、個人的には色んな動物のネタが読みたかったり。
・世話の焼ける姉に世話を焼く弟。最早ベタ気味になった設定はさて置くとして、もっと起承転結にメリハリのある4コマだと良いんだけど…絵柄は好きですが。
・プレゼントの卓上カレンダー。“ちょっぴり”と言いつつ半分も公開するなんて、太っ腹ですね。
・あ、がまぐちが当たってる。ありがとうございます。

購入:
○まんがライフオリジナル1月号
○ヤングキングVOL.1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

ちとせげっちゅ!!ドラマCD

サイトで主題歌やキャラクターボイスの試聴ができるんですね以前にチラッと言ったけど、試聴できるってのはやっぱり販促効果大だと思う。この声で展開されるドラマ…聞いてみたいですよホント。キャラの声をイメージして漫画を読むことはないけど、そんなに外れてないって言うか、むしろ合ってるような。

シゲさんはちょっと違うように思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.10

購入メモ

購入:
(12/10)
○ラディカル・ホスピタル(8)/ひらのあゆ(amazon)(bk1)
○ラディカル・ホスピタル(9)/ひらのあゆ(amazon)(bk1)
○灼熱アバンチュール(1)/有間しのぶ(amazon)(bk1)
○大人になる呪文(2)/パニックアタック(amazon)(bk1)
○今夜、とにかく凌辱(レイプ)が見たい。/木静謙二(amazon)
以上、eBOOKOFFにて。オール古本。

(12/9)
○義経ちゃん剣風帖(3)/小野寺浩二(amazon)(bk1)

(12/8)
○みこすり半劇場No.24
15周年記念号。サイン色紙のプレゼントがあります。
○COMICバズーカ1月号
○はこびや/蒔野靖弘(amazon)(bk1)

以下、bk1にて。
○まじかるストロベリィ(2)/まつもと剛志(amazon)(bk1)
○まりといっしょ/たかの宗美(amazon)(bk1)
○ミッドナイトレストラン7to7(3)/胡桃ちの(amazon)(bk1)
○みつえ日記-女子マル秘パソコン事情/青木光恵(amazon)(bk1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.08

平和出版が倒産?

まんが王八王子店 山田君のひとり言

これまで幾度か4コマ誌を刊行した出版社として、注視してたんですが…

これでもう、平和出版から4コマ誌が出ることは無いのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんがタイム1月号

・何と、4色と2色の2本立てとわ…ベスト10には数えなかったけど、この作品は今年の収穫の1つだと思ってます。
・「ござる」な眼鏡っ娘侍…また如何にも狙ったようなキャラだけど、他の萌え4コマと違ってイヤにはならないんだよな。
・ゆずとかぼちゃの取り違えネタ…去年まで1回も見たことなかったネタを、この数日で2回見るとは。
・女の幸せ…両立してる人もいるよね。
・自分も昔言ったことあるけど、やっぱりネタのリサイクルはエコロジーなのね。漫画家に優しい。
・結婚観として古いとは思うけど、今も実際こうだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんがタウン1月号

・うわあ、何かタイムリーな…現実が殺伐としてる分、余計に漫画の中が暖かい。
・コワモテ彫刻家と娘の二人暮し。樹るうさんらしい動きの良い4コマでマル。
・そうだっ、恋人がいるのは贅沢なんだっ。贅沢は敵だっ。節約してるんだっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんがくらぶ1月号

・3人が仲良く暮らすところも見てみたいけど…それはきっと、最終回なんだろうな。
・え、初登場なの?もう何年前だっけか、竹書房の4コマ誌に連載持ってたのに。
・へえ、『本愉』終わるんだ。…「ライフ」でも終わらんかな。
・あら、「みわさん増刊号」の当選者発表が。

購入:
○まんがタイム1月号

拾得:
○週刊少年サンデーVol.1
---

女性医師バンクとな。『エン女医あきら先生』を思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.06

4コマ漫画2005ベスト10

こちらで選んでるのを見て、自分でも選んでみました。選考条件はこちらに準じますが、もちろん自分が知ってる範囲ですし、独断且つ偏見です。

(作品五十音順、作者敬称略)
・あなたが主役になった時/松山花子
・エレキング/大橋ツヨシ
・お菓子な片想い/阿部川キネコ
・Good Morningティーチャー/重野なおき
・サナギさん/施川ユウキ
・とりぱん/とりのなん子
・バーバーハーバー/小池田マヤ
・ふーare you!/おーはしるい
・まい・ほーむ/むんこ
・メリーちゃんと羊/竹田エリ
・モンキー・パトロール/有間 しのぶ

ベスト10じゃなくてベスト11になっちゃったよ。右の“オススメ4コマ本”を中心に選んだんですが、この11作品から1つ減らすのは、ちょっと難しいなぁ。

漫画界を比較的広くカバーしてるように見えますが、「モーニング」から3つは多いかな…それだけレベルは高いと思いますが。双葉社とぶんか社から無しってのは、致し方無いような気も…あと、萌え4コマは見事にスルーしてますか。また読切作品もスルーしてますが、上の11作品より面白くてインパクトがあったのって、ちょっと記憶に無いので。
---

いぬたま・ねこたま・ドッグパークが閉園とか。私屋カヲルさんの日記で知りましたが、私屋さんに限らずお世話になった漫画家は多かったのでは。ペット系4コマ誌で何度も見たし…1度くらい行っときゃ良かったかな。

購入:
○ラディカル・ホスピタル(7)/ひらのあゆ(amazon)(bk1)
○課長の恋(2)/九州男児(amazon)(bk1)
○ラバーズ7(3)/犬上すくね(amazon)(bk1)
○マリア様がみてる-特別でないただの一日-/今野緒雪(amazon)(bk1)
○マリア様がみてる-インライブラリー-/今野緒雪(amazon)(bk1)
○マリア様がみてる-妹オーディション-/今野緒雪(amazon)(bk1)
○マリア様がみてる-薔薇のミルフィーユ-/今野緒雪(amazon)(bk1)
以上、eBOOKOFFにて。オール古本。

拾得:
○週刊少年ジャンプ新年1号

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.05

「みこ半」に『失踪日記』が袋綴じで掲載

吾妻ひでお公式HP→スケジュール)

最後通牒さんのこぼれ話で知ったわけですが…「そう来たか」って感じですよ、N編集長。
『失踪日記』が、ぶんか社の「みこ半」や実話系4コマ誌に載るのはアリだろうと、以前から漠然と思ってはいたんですが…袋綴じとは、さすがに思い付きませんでした。

“みこ半ウォッチャー”としても見逃せないんですが…今まで「みこ半」の袋綴じって、開けたことないんですよね…今度は漫画だし、開けるかなぁ。

購入:
○まんがくらぶ1月号
○まんがタウン1月号

(12/2)
○まんがホーム1月号
○ヤングアニマル嵐No.1

拾得:
(12/2)
○ビジネスジャンプ新年1号
○週刊漫画TIMES12/16号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.01

4コマ十大ニュース2005

こちらにもあるのでやめようかなとも思ったんですが、折角10個思い付いたので…

もちろん独断と偏見、順不同です。

1500万部突破記念「かりあげクントリビュート増刊」刊行
似顔絵ジェネレーターといい、恐るべしは植田まさしさんです。

・萌え系4コマ誌、芳文社の一人勝ち
「まんが学園4年生」も「コミックメガミマガジン」も「もえよん」も消えました。

その一方で、萌え系4コマの旗手とも言える

・海藍さん、芳文社から撤収宣言
特にWebで反響があったように見えました。結局どうなったのかはよく知りません。

「くらオリ」「みこ半」がリニューアル
「みこ半」はほとんど、「くらオリ」も中身はあまり変わってませんが。

またこれに関連して

・むんこさんが4コマ誌2誌の看板に
それ以前に初単行本、初サイン会…飛ぶ鳥を落とす勢いとは、正にこのこと。

・4コマ誌にも販促付録の波が
主に竹書房の小冊子付録のこと。一般の漫画雑誌・単行本の付録に4コマ本というのも。

4コママンガを製作するバラエティ番組「考えるヒトコマ」放映
芳文社とぶんか社の4コマ誌にも連載されました。

まんがの日記念「4コマまんが大賞」創設
第一回として無事成功したようです。

無印良品より週刊誌4コマノート発売も、生産中止
「欲しかった」「探してる」という4コマ漫画家の声も多かったような。

・病気・事故による作家の訃報
須藤真澄さんちのゆずが亡くなったのも、「まんくら」等に影響がありました。

他にも「これは外せないでしょう」ってのがあれば教えて下さい。
---

あ、あと

・竹書房4コマ誌の作品が続々とCDドラマ化決定

というのも加えても良いかも。十一大ニュースか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日テレ~雀ニック!

と、言ったかどうかは分かりませんが。

深夜アニメ『アカギ』の後の1分間の番宣で、チャイナドレス姿の3人に交じって藤島じゅんさんが、一緒に麻雀したり決めポーズを決めたりしてましたよ。漫画家も大変だなぁ。
明日発売の「ヤングアニマル嵐」もチェックしなきゃ。

…と、ここまで打って上のリンクを確認したら…その中の「日テレ雀ニック」のコーナーで、その番宣が動画日記として公開されてますよ。TVで見られなかった&見逃した人はチェキ。

購入:
-40周年記念特別愛蔵版-笑点 大博覧会 DVD-BOX(amazon)
amazonにて。

(11/29)
○WAKI WAKIタダシさん(2)/阿部川キネコ(amazon)(bk1)
○WORKING!!(1)/高津カリノ(amazon)(bk1)
○ピーチクパーチク/さおしか然(amazon)(bk1)
bk1にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »